掃除のコツをつかむ事で時短が上手くなる方法!働くママにおすすめ

掃除

掃除をしないと汚くなる、でも仕事や掃除以外の家事に追われて時間がない
働くママにとってはなるべく、時間をかけないで掃除できたらいいですよね。

私は、掃除しやすい家を基本に毎日の掃除は、簡単に済ませています。

スポンサーリンク

掃除のコツを掴み時短で済ませる

まずは、掃除しやすい家づくりが基本です。
掃除しやすい家とは、大きくまとめると「必要なものだけをシンプルに」の生活空間です。

掃除しやすい部屋をつくる!苦手だった片付けが得意になります。

それを基本に、毎日しないと汚れてしまう部分の「ついで掃除」を実践してみましょう!

リビングルーム掃除のコツ

リビングですぐ汚れが気になるのは、床のホコリや抜けた髪の毛等です、お掃除ロボットを使う事は大変便利ですね。
他の掃除アイテムで、サッと簡単に掃除できるのがコードレス掃除機です。いちいち奥からだしてくるような掃除機だと
面倒で時間が掛りますので、毎日の掃除にはリビングに立てかけておけるタイプのコードレス掃除機は活躍してくれます。

また、目についた所をサッと掃除するには
・室内用のホウキで掃く
・フロアワイパーやモップなどを使って乾拭き掃除

床のホコリ等汚れは、最初からウエットタイプを使わずに幹拭きします。
溝などに、ホコリが固まって、汚れが取れにくくなります。

・毎日の拭き掃除は、表面上の汚れを取ったあとにフロアワイパーウエットタイプで簡単に済ませます。

トイレの掃除のコツ

・トイレも毎日掃除はしておきたい場所なので、こちらも時短で済ませましょう。
トイレを使った時に、重曹を薄めて作っておいたスプレイヤーや普段使っているスプレータイプの洗剤を便座や裏にかけて
トイレットペーパーでサッと拭き取りの習慣。床も汚れやすいので習慣にすると、全体の掃除が簡単に終わります。
家族が多いと、自分が使った時にでも習慣にするといつもキレイなトイレになります。

洗剤をかけすぎると、トイレットペーパーだと破けてしまうので量は調整して下さい。
洗剤を使わずに、トイレ掃除用のシートでも簡単です。

スポンサーリンク

・便器内の掃除は、汚れが目についたら一緒に掃除してしまいます。

洗面台の掃除のコツ

・一枚のダストを置いておい、鏡や洗面台淵の汚れを常に拭きます。
特に洗面台は手や顔を洗いにきたついで、歯磨きのついでなどついで掃除がしやすいので習慣にしましょう。

・シンク内は使う時、汚れていたら流してからメラニンスポンジで軽くこするとすぐ落ちます。

キッチンの掃除のコツ

・コンロやその回りは、油汚れが一番多い箇所ですので、一枚キッチンペーパーを用意しておき汚れたら拭く
・シンク内、蛇口は水垢がつきやすいので、使い終わったらスポンジで洗うようにします。
・排水口は最後に泡ハイターなどをかけて少し時間をおいたら流して一日の汚れを落としておきます。

まとめ

掃除のコツは毎日簡単に、掃除をしておく事でキレイをキープして忙しいママの時短のお手伝いを紹介しています。

特に汚れやすい箇所ですので、ついで掃除を習慣にすると全体掃除をする時に簡単で、普段できない部分に力を注げますので

ぜひ、「ついで掃除」習慣にしましょう。

・掃除しやすい家にする
・汚れを見つけたら、すぐ拭き取る
・ついで掃除を習慣化にする
・完璧じゃなくても、キレイはキープ

「油、ホコリ、水垢」の汚れをこまめにする!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました